2017
06.29

ニキビを飲み薬で治療するには?


一覧へ戻る

ニキビを飲み薬で治療するには?

薬は普通のドラッグストアで手に入る一般用医薬品と皮膚科で処方してくれる医療用の医薬品と漢方の3つがあります。
■市販のニキビ薬
基本的には塗布するタイプの塗り薬です。

■皮膚科で処方される薬
抗生物質・抗炎症剤・皮脂分泌抑制剤・抗ニキビ剤・ビタミン剤・「過酸化ベンゾイル」配合のニキビの新薬などがあります。

■漢方
体質から改善したい場合は漢方がいいでしょう。
帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)が有名です。

皮膚科で処方させる5つの薬を詳しく説明します。

抗生物質・抗炎症剤・皮脂分泌抑制剤・ビタミン剤・「過酸化ベンゾイル」配合のニキビの新薬です。

■抗生物質
飲み薬の場合は、ミノマイシンが定番で、ニキビの原因であるアクネ菌が繁殖したときに菌の拡大を抑えるために処方します。
赤みが完全して、即効性があるのが特徴です。
炎症を押させるだけで根本的な解決にはなりません。
めまい・カンジダ症・肝機能障害・胃腸障害の副作用もあります。

■抗炎症剤
飲み薬の定番はブルフェンです。

■皮脂分泌抑制剤
飲み薬では、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、女性ホルモン剤(メサルモンF、低用量ピル)が処方されます。
女性はホルモンバランスが乱れてお肌のトラブルになることが多いです。
皮脂分泌が過剰になるのを押させてくれます。

■ビタミン剤
シナール・ハイチオールなどが定番の飲み薬です。
サプリメントよりも吸収効果が高いですし、皮膚組織の回復を早めてターンオーバーを正常化してくれます。

■「過酸化ベンゾイル」配合のニキビの新薬
アクネ菌の殺菌力が強く、炎症と皮脂の過剰分泌を抑えてくれます。
アクネ菌の繁殖を抑えるからニキビ予防には効果的です。
塗り薬ですが、飲み薬と併用してみてはどうでしょうか?
角質を除去してくれるので毛穴の詰まり予防効果も期待できます。

大阪・梅田のニキビ跡治療専門の美容皮膚科ランキング

大阪・梅田にあるニキビ跡治療専門の美容皮膚科を口コミ情報を元に紹介!!
ニキビ跡治療の実績豊富、治療技術力、口コミ評価など満足度の高い美容皮膚科ばかりです。

MAクリニック心斎橋

MAクリニック心斎橋
おすすめポイント
                 
  • リスクについても教えてくれて信頼できる!!
  • ニキビ跡治療で綺麗なお肌に
  • 女性院長で自らもマシン経験者で安心
  • クリスタ長堀「南16番西出口」階段を上がってすぐ!!
クリニックの治療料金
初診料(処方料と再診料は含まない) 3,000円
マスクピール+ピコフラクセルレーザー+イオン導入 初回 ¥37,500
マスクピール+ダーマローラー+イオン導入 初回 ダーマローラーの料金 + ¥5,500

MAクリニック心斎橋の治療料金を詳しく見る

クリニック情報
名 称 MAクリニック心斎橋
所在地 542-0086
大阪市中央区西心斎橋1-13-15三栄心斎橋ビル6F
googlemapで見る
診療時間 月・火・木・金・土 11:00~19:00
水・第2日曜・第4日曜 10:00~17:00
休診日 第1・第3・第5日曜・祝日
公式サイト https://www.maclinic.jp/hoken-shinryou/symptom/acne/

公式サイトはこちら

ニキビについて知る

ニキビ跡治療方法

おすすめクリニック

ニキビの悩みと私の対策方法

運営者情報